女性なら誰でも最高のオーガズムを!

menu

女性専用性感マッサージ|まさとの性感施術室グッドオイルハンド

セックスで今までイクことが無かった理由

Sensual woman in bed

施術を希望させる女性でまだイク経験が無い女性、
またはイキにくい方はほんとに多いです。

さらにセックス全体に満足が無い女性にいたっては
ほとんどといっていいぐらい多勢いらっしゃいます。

もちろん現状に満足しているようでしたら、
性感マッサージには来ないと思いますが。

それにしても現状への不満は多いですね。

浮気率が高いのもうなずけます。

今までなんでイケ無かったのか?
ぜにイキにくかったのか?
なぜ満足度が低かったのか?

その主な理由を考えてみます。

私が考えるのは下記の3点です。

セックスで女性を満足に導びいていない3つの理由!

1、時間をかけられてない
2、全身の性感帯にアプローチされてない
3、子宮(ポルチオ)を刺激されてない

1、時間をかけられてない

時間をある程度かけることは大変重要です。
女性の心と体が快感状態にむけて準備ができてくるからです。
なかには前戯もほとんど無いまま挿入という男性も居るようです。
ただ苦痛しか無いのではないでしょうか。
時間をかけるというのは男性の優しさのバロメーターにもなります。

もしほとんど前戯にも挿入にも時間がかけられていない現状が
あるようでしたら、ほんとうの体質は埋もれたままになっている
可能性が高いです。

したがって今の何十倍もの快感を経験出来るチャンスがあります。
きっと驚かれるでしょう。
ほんとうはこんなに感じる事ができたんだということに。

2、全身の性感帯にアプローチされてない

これは男性の知識不足から来るところが大きいです。
女性の性感帯がどこにあるか分からない。
せいぜい胸とデリケートゾーンを簡単にアプローチするくらいで
終わってしまう。

時間をかけて全身にアプローチすれば体中に性感帯があることが分かります。
髪でも首、胸、肩、指、足、背中、太もも・・・
どこでも性感帯だらけです。

つまり、どこからでも快感をもたらすことができるのです。
ゆっくりと時間をかけてアプローチすればその快感がどんどん
強くなっていくことが分かると思います。

胸で感じる快感度が日頃がAだとすると、
時間をかけて体中の性感帯を刺激し性感レベルを引き上げて行くと、
同じ場所を刺激しても快感度はAではなく、BやCと上がっているのです。
快感レベルを上げれば上げる程、オーガズムを経験しやすくなります。

今まで体中の性感帯を刺激されたことが無い女性は、
きっと驚く事でしょう。
こんなに強く感じる場所がたくさんあったことに。

3、子宮(ポルチオ)を刺激されてない

女性の快感と子宮はとても密接な関係にあると思っています。

女性が興奮してくるとポルチオが降りて来ます。
手でも触れるぐらいの位置に来ます。

また女性の快感レベルが上がって行くと子宮の形が
どんどん変わって来ます。

膨らんだり縮んだりするのです。

中が膨らんで入り口が締まったりするのです。

女性がセックスで精子を取り込んで妊娠しやすくするために、
本能の中に組み込まれている動きなんだと思います。

逆に子宮を適切に刺激をすると興奮状態が高まることが
何ども確認されています。

ポルチオ開発です。
外から中からポルチオを刺激します。

最初は感じが鈍くてもだんだんと気持ち良さがわかって来ます。
最終的には強い快感を感じるようになります。
下腹部をマッサージしているだけでオーガズムを経験したりします。

ほとんどの女性や子宮やポルチオを意識したことが無いと思います。
男性がその知識を持っていないからです。

セックスの時に少しづつそこを刺激していけば、
いつか大きなオーガズムの波がやってくるようになります。

そこまでの途上でもこんなに強う快感を経験出来るんだと
いうことが分かると思います。
子宮への刺激はとても大切です。

3つのアプローチが無ければイケなくて当たり前!

最低でも子宮以外の2点のアプローチは必要です。
それが無い場合はイク経験が無くてもなんら不思議ではありません。

満足感より苦痛のほうがあったといっても当然です。

誰でも時間をかけて適切にアプローチすれば、
驚く程の満足感はやってくるのです。

自分は感じれない体質なんだと嘆かないでください!

ほとんどのケースでは逆の結果が出ますので。

最後に・・

肝心のセックスが無い場合はどうしようもないですね。
もしパートナーに頼れないということであれば、
自分で解決するしか方法は無いのかもしれません。

でもどんな時でも無理はしないでくださいね。
性の不満をずっと我慢していつか爆発しないように予防策を考える、
生活環境を壊さない中での解決策というのが条件です。
それで逆に生活がバランスが取れて充実したものになるのかどうか、
そこがポイントですね。

ほんとうは男性が頑張ればいいだけの話しです。

まさと

 

“女性のための女性オーガズム開発”

関連記事

カテゴリー